Flashコンテンツプロテクト機能

自動暗号化ツール「AxProtector」を使って、Adobe Flashムービーファイル(SWFまたはFLV)に対して、コピープロテクトを施すことができます。暗号化されたコンテンツファイルは、正規のコードメータキーが無いと開くことができません。Flashコンテンツのライセンス管理や不正コピー防止に非常に役立ちます。このFlashムービープロテクト機能は、コードメータ開発キットの中に標準搭載されています。

Placeholder image

Adobe Flashムービーファイルを強力に暗号化

自動暗号化ツール「AxProtector」を使って、Flashムービーファイル(SWFまたはFLV)を強力に暗号化します。暗号化されたファイルはファイル名も拡張子も変わりません。

Placeholder image

* 暗号化アルゴリズム = AES128ビット

暗号化されたFlashムービーファイル(SWF, FLV)は、正しいコードメータキーが無いと開きません。従い、ファイル自体がコピーされても不正使用を防ぎます。 。

Placeholder image

専用プレイヤーを必要としない

暗号化されたFlashコンテンツは、オリジナルと同じようにAdobe Flash Player上で展開されます。専用のプレイヤーを必要としないため、コンテンツのイメージがそのまま反映されます。 また、ActionScript もそのまま使用できます。

閲覧回数制限や使用期限を設定できる

Flashコンテンツの閲覧回数制限、閲覧可能期限や閲覧開始期日を設定することができます。各コンテンツごとに、異なる回数制限や閲覧期限を設定できるため、 きめの細かいデジタルライセンス管理が可能になります。

Flashムービープロテクトの応用例

コンテンツの販売、取引先への配布に最適です。暗号化したFlashコンテンツをCDやDVDに焼いて販売したり、インターネット経由でダウンロード配布します。ファイルは常に暗号化されているため、正規のコードメータキーが無い限り、コンテンツを開くことができません。

Placeholder image

動作環境

OS: Windows 7/8.1/10, Windows Server 2003/2008/2012/2016 (32/64bit)