CM-BOX時間について

コードメータには、時刻を確実に刻み、過去には戻せないCM-BOXタイマー機能が搭載されています。このCM-BOXタイマー機能を利用することにより、アプリケーションの使用有効期限や使用開始日、使用可能期間を確実にコントロールすることが可能になります。最新の時刻がコードメータキーの中に刻まれていくため、PCのシステム時計を過去に戻しても確実に有効期限を確保します。 コードメータキーの中には、3種類の時間情報が保存されています。

認証時間
認証サーバーで認証された時刻です。
ボックス時間
コードメータキーの時刻です。すべてのタイマーチェックは、このボックス時間をもとに行われます。このボックス時間はユーザーが過去に戻すことはできません。 唯一、認証タイムサーバー経由でその時点での正確な時刻に調整することは可能です。
システム時間
PCのシステムクロック時間です。コードメータキーをPCに装着した時に、ボックス時間がシステム時間よりも遅れていた場合は、ボックス時間はシステム時間に更新されます。

CM-BOX時間が更新されるタイミング

コードメータキーのボックス時間が更新されるタイミングは、

  • 1.PCに装着した時 (At plugin)に更新する
  • 2.50秒ごとにPCシステムクロック(PT = PC Time)をチェックし、その都度ボックス時間(BT = Box Time)を更新する。

コードメータキーを装着しているだけで、ボックス時間(BT)は、定期的に更新される。

  • CT = Certified Time (認証時間)
  • BT = Box Time (ボックス時間)
  • ST = System Time (システム時間)
  • PT = PC Time (PCシステムクロック)
Placeholder image

PCシステムクロック(PT)を過去に戻した場合: PCのシステムクロック(PT)を意図的に過去に戻しても、ボックス時間(BT)は変化しない。 PCのシステムクロック(PT)がボックス時間(BT)を超えると、ボックス時間(BT)は更新される。

Placeholder image

PCのシステムクロックが進んでいた場合

万一、PCのシステムクロックが現在の時刻よりも先に進んでいた場合は、ボックス時間もその時間に更新されます。

例えば、PCのシステムクロックが2030年12月31日になっていた場合、システム時間もボックス時間も2030年12月31日に更新されます。この場合、WebAdminの「設定」ボタンをクリックすると、インターネット経由で自動的にタイムサーバーにアクセスし、ボックス時間を正確な時刻に修正してくれます。従い、有効期限が設定されたアプリケーションを正しく起動させることができます。

Placeholder image

アクセスできるタイムサーバーは、弊社専用のサーバーになり、それ以外はアクセスできません。(不正を防ぐため)

Placeholder image

また、ボックス時間の修正は、自動暗号化ツールでプログラムを暗号化する際に自動的に組み込むことや、コードメータのコアAPIを使って行うこともできます。さらに、ユーザーツールであるコードメータコントロールセンターからも簡単に行えます。

Placeholder image
Placeholder image