暗号化ツールAxProtector

強力な暗号化ツール AxProtector

コードメータの自動暗号化ツールAxProtectorは、Windows 32bit/64bit アプリケーション、.NETアセンブリ、Mac OS X、Java アプリケーションを強力に暗号化するツールです。ソースコードを修正する必要がないため、プロテクト処理に必要な時間を大幅に節約します。20年以上のプロテクト技術の結晶と、最新の暗号化アルゴリズム AES 128ビットを駆使しながら、最高レベルの暗号化テクノロジーをご提供します。

Placeholder image

AxProtector操作画面

Placeholder image

AxProtectorを起動し、ファイル名やファームコード、プロダクトコード、使用期限や使用回数などの必要項目を入力しながら進めます。すべて画面操作で暗号化処理が完了するため、プログラミングの知識は必要ありません。

AxProtectorにより暗号化可能なファイル

現在、AxProtectorによって自動暗号化が可能なファイルは以下の通りです。AxProtectorを起動すると最初にファイルタイプ選択画面が表示されます。

Windows 32/64bit (EXE/DLL) .NETアセンブリ Linux Application Mac OS X Application Java Application Flash, Data Files, Document Files その他

一般的なドングルの場合

一般的なドングルの暗号化手法は、Code Sectionは直接暗号化せず、それらを包み込む(ラッピングする)ようにし、OEP(Original Entry Point)をセキュリティ領域に移すことにより解析を逃れるようにしています。ただし、一度メモリー上にロードされると、OEP(Original Entry Point)が本来のCode Sectionに戻されるため、この状態でクラックされると非常に脆弱になります。 (IAT=Import Address Table)

AxProtectorの場合

AxProtectorの暗号化手法の場合は、Code SectionやData Section自身を直接暗号化し、強力なAxEngineでコントロールするため、メモリー上にロードされても解析を非常に困難にします。また、数種のアンチデバッガー機能やデバッガー解析を検知するとキー自身をロックするハードウェアロック機能が搭載されています。

メモリー上の「オンデマンド復号」を実現

さらに、新技術のIxProtectorを利用することにより、メモリー上にロードされたCode Sectionの「オンデマンド復号」を可能にします。「オンデマンド復号」とは、メモリー上に展開されているCode Sectionを常に暗号化しておき、必要な時に必要な部分(モジュール)だけを復号化して実行し、実行が終了したら再び暗号化してメモリー上に常駐させる機能です。メモリー上でもCode Sectionが常に暗号化されているため、非常に強力なプロテクトを実現することができます。

Windows 32bit/64bitアプリケーションの場合は、コードメータのWUPIファンクションを利用することで、メモリー上の「オンデマンド復号」を実現します。.NETアセンブリやJavaアプリの場合は、AxProtectorで暗号化するだけで、この「オンデマンド復号」機能が自動的に組み込まれます。

AxProtector/IxProtectorによる暗号化スキーム

Placeholder image

AxProtectorとIxProtectorを組み合わせることにより、強力なプロテクトを実現することができます