コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ


ホーム > ワイブキーTOP > アンチデバッグ機能

アンチデバッグ機能

クラッカーからの解析をブロックするために、ワイブキーには強力なクラッキング対策機能が搭載されています。特に、デバッグからの解析を防ぐために、考えられるアンチデバッグ機能を設けております。また、デバッガー解析を検知するとワイブキーのハードウェア自身をロックするセキュリティロック機能も搭載しています。

アンチデバッグ機能

 

アンチデバッグの設定

基本的なデバッガーチェック:
ベースになるデバッグ防止機能をプログラムの中に組み込みます。

カーネルデバッガーチェック:
カーネルレベルでのデバッグ防止機能をプログラムの中に組み込みます。

アドバンストデバッガーチェック:
基本的なデバッガーチェックに加え、さらなる高度なデバッガー防止機能をプログラムの中に組み込みます。

IDE デバッガーチェック:

Visual StudioやDelphiなどのプログラム開発統合環境でのデバッガーの存在を許可しません。したがい、デバッグ目的でプログラム開発ツールからアタッチすることも禁止されます。

デバッガーを検知したらハードウェアをロック:

デバッガーの動作を検知した場合に、ワイブキー(ハードウェア)自身を強制的にロックし、アクセス不可の状態にします。

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved