コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ


ホーム > テトラガードTOP > テトラガードとは

情報漏洩対策ソフト「テトラガード」

テトラガードとは

テトラガードとは、クライアントPCのデバイス制御を行うことにより、ネットワーク内データの外部流出を防ぎ、同時に外部からの不正データや不正プログラムの流入を防ぐセキュリティシステムです。

単なるデバイスロックとは異なり、出力に対するアウトバンドセキュリティ(Outbound Security)、入力に対するインバウンドセキュリティ(Inbound Security)を用意し、出力・入力に対して、セキュリティポリシーに基づいたきめの細かいセキュリティ設定を行うことが可能です。

テトラガードのセキュリティは、ネットワーク内のデータがUSBメモリーなどの外部記憶メディアを通じてネットワーク外に流出しても、データが自動的に暗号化され、ネットワーク外のPC上では開かないため情報漏洩を防げるというコンセプトです。

テトラガードの概念図 情報漏洩

 

全てのファイルをセキュリティ対象にしており、CADデータやAccess/Oracle/SQLなどのデータベースファイル、ExcelやWord、パワーポイントなどのOffice系ファイル、PDFファイルやテキストファイル、動画や画像などのコンテンツファイル、アプリケーションなどの実行形式プログラムやそのソースファイルなど、全てのファイルの情報漏洩を防ぐことが可能です。

さらに、テトラガードの優れた特長として、上記のような情報漏洩対策を行いながらも、USBメモリースティックやMO・フロッピーディスク、CD/DVDなどの便利な外部記憶デバイスをネットワーク内で自由に使用することが可能な点があります。

外部デバイス上のファイルは暗号化されていますが、同じネットワーク内のPC上であれば平文と同じように扱う(閲覧・編集・別名保存など)ことができます。外部デバイス上の暗号化ファイルを開く場合も、特別な作業は必要なく、ユーザーからみれば全くのオリジナル(平文)と同じように処理が可能です。しかも、外部デバイス上のデータは常に暗号化されているため、外に持ち出した時の万一の「置き忘れ・紛失・盗難」などのアクシデントに対して情報漏洩を防ぐことができます。

 

 

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved