コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ


ホーム > テトラガードTOP > アウトバウンドセキュリティ

情報漏洩対策ソフト「テトラガード」

アウトバウンドセキュリティについて

テトラガードは、ネットワーク内のファイルを外部デバイスに出力(コピー、移動、保存など)する際の「アウトバウンドセキュリティ(Outbound Security)」(出力セキュリティ)と、外部デバイス上のファイルをネットワーク内に入力(コピー、移動、保存、ソフトウェアのインストールなど)する際の「インバウンドセキュリティ(Inbound Security)」(入力セキュリティ)の2つのセキュリティから構成されています。

各セキュリティ(アウトバウンド・インバウンド)には、基本的に4通りのセキュリティ設定が用意されており、セキュリティ管理者が自社のセキュリティポリシーに基づいて自由に設定できるようになっています。

「アウトバウンドセキュリティ」について。
「アウトバウンドセキュリティ」とはUSBメモリーなどの外部デバイスへ書き込む際のセキュリティのことですが、4通りのセキュリティ設定が用意されています。

  1. 書込み禁止
  2. 強制暗号化
  3. 強制暗号化(但し、権限キーによるセキュリティ解除可能)
  4. 制限なし(セキュリティなしの状態)

1.書込み禁止

外部メディアへの書込みを一切禁止します。ファイルの書込み作業が不可能になります。

2.強制暗号化

ネットワーク内のデータ(ファイル)をクライアント端末から外部デバイスへコピーや移動すると自動的に暗号化されて保存されます。また、アプリケーションなどから直接外部デバイスへ保存しても自動的に強制暗号化されます。

3.強制暗号化(但し、権限キーによるセキュリティ解除可能)

権限キー(USBキー)が装着されていない時は、上記「2.強制暗号化」と同じです。権限キー(USBキー)を装着すると、そのPC上でのみ、ネットワーク内のデータ(ファイル)を平文の状態で外部デバイスに保存することができます。

4.制御なし

セキュリティ無しの状態です。ネットワーク内のデータ(ファイル)は外部デバイスへ平文の状態で保存されます。

アウトバウンドセキュリティの4通りの設定モード

アウトバウンドセキュリティの設定は、セキュリティ管理者が自社のセキュリティポリシーに基づいて、クライアント端末ごとにそれぞれ異なる設定を行うことが可能です。

アウトバウンドセキュリティの設定モード

 

 

 

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved