コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ


ホーム > テトラガードTOP > インバウンドセキュリティ

情報漏洩対策ソフト「テトラガード」

インバウンドセキュリティについて

「インバウンドセキュリティ」とはUSBメモリーなどの外部デバイスからデータを読み込む際のセキュリティのことで、「アウトバウンドセキュリティ」と同様、4通りのセキュリティ設定が用意されています。さらに、「インバウンドセキュリティ」にはCD/DVDメディアからの不正データや不正プログラムのインストールを防ぐために、CD/DVDデバイスに対して特別にセキュリティを高めるオプションが用意されています。

これらのセキュリティ設定は、「アウトバウンドセキュリティ」と同じく、セキュリティ管理者が自社のセキュリティポリシーに基づいて自由に設定できるようになっています。

  1. 読込み禁止
  2. 暗号化ファイルのみ読込み
  3. 暗号化ファイルのみ読込み(但し、権限キーによるセキュリティ解除可能)
  4. 制限ない(セキュリティなしの状態)

1.読込み禁止

外部メディアからの読込みを一切禁止します。ファイルの読込み作業が不可能になります。

2.暗号化ファイルのみ読込み

テトラガードで暗号化されたファイルだけを読むことができ、暗号化されていない平文ファイルは読むことができません。また、暗号化されていない実行プログラムも起動することができません。(暗号化された実行プログラムは起動できます。)

3.暗号化ファイルのみ読込み(但し、権限キーによるセキュリティ解除可能)

権限キー(USBキー)が装着されていない時は、上記「2.暗号化ファイルのみ読込み」と同じです。権限キー(USBキー)を装着すると、そのPC上でのみ、暗号化されたファイルと平文ファイルの両方を読むことが可能になります。また、暗号化されていない実行プログラムの起動も可能になります。(暗号化された実行プログラムの起動も可能)

4.制御なし

セキュリティ無しの状態です。外部メディアからの全てのファイルの読込みが可能になります。

 

インバウンドセキュリティの4通りの設定モード

インバウンドセキュリティの設定モード

 

「インバウンドセキュリティ」の重要性は、社外からの不正なデータやウィルスやウィニーなどの不正プログラムのネットワーク内への流入を防ぐことにあります。「暗号化されたファイルのみ読込み可能」とする理由は、外部デバイス上の暗号化されたファイルはもともとネットワーク内にあったファイルであり、ネットワーク内で承認されているファイルだからです。

これらのセキュリティポリシーは、「アウトバウンドセキュリティ」同様、セキュリティ管理者が自社のポリシーに基づいて、クライアント端末ごとにそれぞれ異なる設定を行うことが可能です。

 

CD/DVDオプション (Inbound Securityのみ)

「インバウンドセキュリティ」には、CD/DVDメディアに対して、よりセキュリティを高めるオプション機能が用意されています。これは、「インバウンドセキュリティ」だけにある機能で、「アウトバウンドセキュリティ」にはありません。

これは、「インバウンドセキュリティ」で「制限なし」を設定した場合、外部メディア上のファイルは無制限に読むことが可能になります。当然、CDやDVDにあるどんなファイルでも読むことが可能になります。特に、ソフトウェアなどのアプリケーションのインストールも自由に行えてしまいます。USBメディアなどにあるファイルは読み込んでもよいが、CDやDVDにあるソフトウェアのインストールは勝手にしては困るという時に、この「CD/DVDオプション」を利用します。

「CD/DVDオプション」をオンにしておくと、CD/DVDデバイスについてはこちらの設定が優先しますので、USBメディアやMO上のファイルが読めても、CD/DVDメディア上のファイルは読めないという設定が可能になります。

この「CD/DVDオプション」にも、通常の「インバウンドセキュリティ」と同じように4つの設定モードがあります。

  1. 読込み禁止
  2. 暗号化ファイルのみ読込み
  3. 暗号化ファイルのみ読込み(但し、権限キーによるセキュリティ解除可能)
  4. 制限なし(セキュリティなしの状態)

1.読込み禁止

CD/DVDメディアからの読込みを一切禁止します。ファイルの読込み作業が不可能になります。

2.暗号化ファイルのみ読込み

CD/DVDメディア上の暗号化されたファイルだけを読むことができ、暗号化されていない平文ファイルは読むことができません。また、暗号化されていない実行プログラムも起動することができません。(暗号化された実行プログラムは起動できます。)

3.暗号化ファイルのみ読込み(但し、権限キーによるセキュリティ解除可能)

権限キー(USBキー)が装着されていない時は、上記「2.暗号化ファイルのみ読込み」と同じです。権限キー(USBキー)を装着すると、そのPC上でのみ、CD/DVDメディアj上の暗号化されたファイルと平文ファイルの両方を読むことが可能になります。また、暗号化されていない実行プログラムの起動も可能になります。(暗号化された実行プログラムの起動も可能)

4.制御なし

セキュリティ無しの状態です。CD/DVDメディアからの全てのファイルの読込みが可能になります。

CD/DVDインバウンドセキュリティ

 

この「CD/DVDオプション」は、ユーザーが勝手にCD/DVDからネットワーク内へアプリケーションソフトウェアをインストールすることを禁止する場合に効果的です。通常の「インバウンドセキュリティ」を「暗号化ファイルのみ読込み(但し、権限キーによる解除可能)」に設定し、「CD/DVDオプション」を「暗号化ファイルのみ読込み」にしておくと、権限キー無しの場合、外部メディア(USBメモリーやMO、CD/DVDなど)上の暗号化ファイルだけが読めるセキュリティ状態になります。(平文は読めない状態)もし、権限キーを装着しても、USBメモリーやMOなどの外部メディアからは平文が読めるようになりますが、CD/DVDは平文が読めない状態が続き、権限キーを使用してもCD/DVDからのソフトウェアのインストールを禁止することができます。

貴社のセキュリティニーズに応じて、セキュリティ管理者がきめ細かく設定できます。

 

 

 

 

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved