コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ


ホーム > テトラガードTOP > 自動暗号化機能について

情報漏洩対策ソフト「テトラガード」

テトラガードの自動暗号化機能について(Outbound Security)

「アウトバウンドセキュリティ」設定モードで、「強制暗号化」または「強制暗号化(権限キーによるセキュリティ解除可能)」を選択した場合、ネットワーク内のファイルを外部デバイスにコピー(または移動)すると自動的にファイルが暗号化されて保存されます。アプリケーションから直接、外部デバイスに保存しても自動的に暗号化されます。

ユーザーは暗号化のために特別な作業をする必要がなく、平文ファイルをコピーするのと同じ作業で自動暗号化が実現されます。

テトラガードの自動暗号化機能

暗号化されたファイルは外部流出しても開けないため、情報漏洩を防ぐことができます。さらに、外部デバイスの置き忘れ・紛失・盗難に対しても情報漏洩を防ぐことが可能になります。

 

暗号化ファイルはネットワーク内のクライアントPCからは開ける

外部デバイス上に保存された暗号化ファイルは、同じネットワーク内のPCから開くことができます。暗号化されたファイルは平文と同じ方法で開け、特別な操作を必要としません。また、当然、暗号化されたファイルはネットワークから離れたPC上では開くことができません。

テトラガードの自動暗号化機能その2 情報漏洩

この機能により、同一のネットワーク内であれば、USBメモリースティックやMO、CD/DVDなどの外部記憶デバイスの利用が可能になります。また、社内データをCDやDVDに暗号化して保存することで、社内のセキュリティをより高めることが可能になります。(データの保存セキュリティ)

 

 

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved