コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

ホーム > UNI-Cops TOP > UNI-Copsの特長

UNI-Copsの特長

●確実なセキュリティを実現

PC1台ごとにライセンス認証を行うため、確実に不正使用を防止できます

●強力な自動暗号化ツールを用意

EXEプログラム自身を強力に暗号化し、ハッカーによるデバッガー解析を防ぎます。ソースコードを修正する必要がないので、プロテクト処理が簡単に行えます。また、Flashで作成したEXEプログラムも暗号化が可能です。

●使いやすいUNI-Copsライセンス管理サーバーを用意

ユーザーが行ったインストール日時、インストールIPアドレス、インストール回数などを、ライセンスコード単位でログをとり、管理します。また、ライセンスコードの有効期限の更新や、インターバル時間の設定、またライセンスコード自体の無効化などの設定がUNI-Copsライセンス管理サーバーを使って柔軟に行えます。

●ライセンス認証は1回だけ

ユーザーが行うライセンス認証は最初の1回だけです。一度認証が終了すると、その後のライセンス認証は不要ですので、プログラムを通常どおり起動することができます。ユーザーに負担をかけることはありません。


●ライセンスコードに対しての使用有効期限を設定可能

ライセンスコード自身に有効期限を設定し、プログラムの使用期限を設定することができます。 使用有効期限が過ぎると、そのPC上でプログラムを起動することができなくなります。PCのシステム時計を過去に戻しても、有効期限は引き続き監視されるため、プログラムの起動は禁止されます。また、有効期限の過ぎたライセンスコードを、UNI-Cops管理サーバーから再度更新することが可能です。


●チェックインターバル時間を設定

プログラムのチェックインターバル時間を日数単位で設定できます。設定された日数単位で、UNI-Copsライセンス管理サーバーへのアクセスを強制できます。インターバル間隔でライセンスコードの更新が可能ですが、2回目のインターバルチェックの際に、そのライセンスコードを無効化することで、プログラムの「xxx日間使用可能」という設定が可能になります。貴社アプリケーションの評価用に応用すると効果があります。

●USBキーなどのハードウェアを使用しない

UNI-Copsは、USBキーや特殊なCD/DVDなどを使用しない100%ソフトウェアによるセキュリティシステムです。

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved