コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

ホーム > UNI-Cops TOP > インターバル時間の設定

インターバル時間の設定

一定間隔でUNI-Copsサーバーにアクセス認証させることができます。これは、PCが置き忘れや盗難にあっても、定期的にライセンス認証を行わせることで、不正利用を防ぐことができます。たとえば、 インターバルで30日(days)を設定すると、プログラム開始後、30日後にライセンス認証が行われます。"Disabled"にチェックを入れておくことで、30日後はライセンスコードの更新ができず、プログラムの使用ができなくなります。退職者やライセンス権利が無くなったユーザーに対して効果的です。また、貴社のアプリケーションの評価用として、「使用期間xxx日」という設定が可能です。インターバル機能の解除やインターバル時間の変更は、UNI-Cops管理サーバーから自由に行えます。

インターバル時間を設定

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved