コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

コピープロテクト 情報漏洩対策ソフト コピーガード 情報漏えい対策ソフト USBドングル 不正コピー 違法コピー 情報漏えい セキュリティ サンカーラ

ホーム > コードメータTOP > アンチデバッグ機能

 

強力なアンチデバッグ機能

コードメータ(CodeMeter)には、ハッカーによるプログラム解析を防ぐために、強力なアンチデバッグ機能が搭載されています。長年のハッキング対策からの経験から、考えられるアンチデバッグのノウハウをできるだけ多く搭載しています。

 

アドバンストプロテクション設定

デバッガーからの解析をより難しくするための高度なプロテクト設定を行います。

リソースセクションの暗号化
プログラムのリソースを暗号化します。

スタティックコードの変更
デバッグ、ダンプ、リバースエンジニアリングを不可能にするために、正常にコンパイルされたコードを独自の方法で変更し直します。

ダイナミックコードの変更
アプリケーションが実行されている間、コードを変更します。

拡張スタティックコードの変更
「スタティックコードの変更」の拡張モードです。「スタティックコードの変更」と同時には指定できません。

 

アンチデバッグの設定

基本的なデバッガーチェック
一般的なデバッグプログラムを検知します。デバッグプログラムが見つかった場合、アプリケーションは起動しません。

カーネルデバッガーチェック
「SoftICE」のようなカーネルデバッグプログラムを検知します。カーネルデバッグプログラムが見つかった場合、アプリケーションは起動しません。

アドバンストデバッガーチェック
デバッグプログラムの検知をより強化します。デバッグプログラムが見つかった場合、アプリケーションは起動しません。もし、アプリケーション起動中にデバッグプログラムが検知された場合は、アプリケーションを終了させます。

IDEデバッガーチェック
Visual StudioやDelphiなどの開発統合環境(IDE)のデバッガを禁止します。もし見つかった場合は、アプリケーションが起動しません。

General debugger detection
デバッガがアプリケーションにアタッチされないようなメカニズムを追加します。

Virtual machine detection
アプリケーションがバーチャルマシン上で起動できないようにします。

デバッガーを検知したらハードウェアをロック
デバッガの動作を検知した場合に、コードメータキー(ハードウェア)自身をロックし、アプリケーションが起動できないようにします。コードメータキー(ハードウェア)のロックを解除するには、ライセンサーによるリモートプログラミング(更新ファイル)が必要になります。

「アドバンスト」ボタンでさらにセキュリティアップ

さらに、「アドバンスト」ボタンをクリックすると、ランダムデータ生成やウィルスチェック機能、暗号化するサイズ(%指定)などのアドバンスト機能を追加できます。

 

 

(C) Copyright Suncarla Corporation All Rights Reserved